石田 陽一

中途2009年入社

石田 陽一人事課長兼教室長

社会の変化に敏感になり、地域に貢献し続ける

ベストでの仕事がおもしろい!楽しい!感動…
と思う瞬間ベスト3を教えてください。


①生徒が増えるとき
②生徒の成績が上がったとき
③生徒と戯れているとき

ベスト社員に誇れる、仕事上での自慢話をしてください。


①生徒数200名教室を作ったこと
②自分と一緒に仕事をしてきた後輩がたくさん出世していること

ベストに入社してから現在の地位、業務内容に至るまでの経緯と今後への意志を教えてください


薮塚教室室長 → リーダー兼室長 → 人事課長兼リーダー → 室長兼リーダー兼人事課長

室長として成功を収めた後は他の教室でも同じように成功させられるように部下育成をしていた。その後は採用など人事業務全般を担当していた。今後はもっと会社の根幹業務に携われる時間を確保したい。

成功失敗に関わらず、ベストで「こんなことをしよう!」と思った作戦を教えてください。


教室運営においてはこんなことをしようと思って毎日過ごしていたので、今までやってきたことがすべて「こんなことをしよう」と思ってやったことです。

つまり、やりたいと思ったことをそのまま教室で表現できることもベストの教室長の良いところだと思います。

「これが出来なくなったら/この待遇・環境がなくなったらベストを辞める」という、不可欠な仕事の条件を教えてください。


ぱっと思い浮かぶことはありませんが、強いて言うならば家族との時間が減ること。平日は家族との生活時間帯が異なるので、その時間が今以上に減ることが恒常的に続くのは困ります。

ベストでは日曜はもちろん、土曜日は月に二回休み、さらに月末29日以降も休みなので平日の午後に家族と接することも可能です。逆に午後からの出勤のため、午前中に子供の学校行事(授業参観など)に参加することも可能です。

この社会になぜベストが必要だと思うか、お考えを教えて下さい。


会社のポリシーを押し通すことなく地域に貢献し社会の変化にも敏感に常に変化し続けられるからです。それは生徒や保護者だけでなく、従業員やその家族に対してでもあり、それらの対象を幸せにすることを理念にしているためです。

RELATED POST

もっと見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。